安眠グッズ ランキング プレゼント 睡眠障害

真夏の暑い日の上手な眠り方

真夏の眠り方

真夏の暑い日の上手な眠り方

 

暑い日に眠れない…

 

そんな人は数多くいると思います。

 

これは住んでる場所によってもかなり差が大きくあると思います。

 

そんな人が涼しく眠りやすくなる寝方をお伝えします。

 

 

それは扇風機をある部分に当てること。

 

「えっ?身体じゃないの?」

 

はい!そうなんですがそのある部分というのは「足」になります。

 

 

これはなぜ足なのかというと、足って別名「第2の心臓」と呼ばれるくらい大事な部分です。

 

足というのは、例えば寒い雪山を歩いていると身体の部分でまず冷えてくるのが

 

足になります。

 

 

そして、身体は足から冷えます。

 

ですので、眠る際も意外に足から冷やしてやるとけっこう効果的なのです。

 

スヤスヤと眠れちゃいます。

 

 

一見身体の中心のお腹とかに扇風機とか冷蔵をかけたほうが早く感じますが

 

冷えてお腹を壊したり、あまり内臓によくありません。

 

足の部分は意外かもしれませんが、眠っている時足から出る汗ってけっこう多いのです。

 

 

そのため、いろいろとまとめると温度調整をする際に一番敏感な部分って

 

寒さに対しても暑さに対しても足から段々と伝わってきます。

 

 

ただ気をつけてほしいのが、ガンガンに冷やすのはよくありません。

 

あくまで、少しの低音がベストです。

 

足は細かい神経がスゴイあるので、けっこうデリケートな部位です。

 

 

睡眠にとっても非常に重要な役割を担う足の部分ですが、

 

普段の生活においても足は大事ですので自分なりの眠りやすい温度調整と

 

風力を試しながら真夏の暑い日を乗り切っていきましょう。