受験勉強 睡眠 効率 受かる

大学、高校受験が不合格?子供の勉強には睡眠が最も大事なわけ。

 

子供の受験には良質な睡眠が大事。

 

お子様の中学、高校、大学などの受験がある親御さんが何よりも気にすることは

 

子供の受験合格が一番気がかりな部分であると思います。

 

今回のテーマはその受験でただ闇雲に勉強だけをしていれば本当に頭が良くなり、

 

勉強ができるようになり、本当に受験に受かるのか?ということについて書きたいと思います。

 

実際、受験戦争で合格するにはかなりの勉強量が必要だと思います。

 

ただ勉強の時間ばかり、増やしても肝心なインプットがしっかりとできていなければ、

 

いざ試験の当日にちゃんとしたアウトプットができずに不合格になる可能性は高いと言えます。。

 

ではその良質なアウトプットをするには、やはりしっかりとした勉強の仕方が大事になります。

 

では、そのしっかりとした勉強というのを考えてみると、それは

 

「塾の先生に任せておけば大丈夫だ!」とか

 

「1日にずっと何時間も勉強をしているから試験に受かるだろう!」

 

「ワタシは睡眠時間を削ってでも頑張っている」

 

からなどの理由はもしかしたら自分自身のただの

 

「勘違い」や「安心感」や「希望」にすぎない可能性があります。

 

 

ではどのようなことが勉強において大事なのか?

 

 

それは先ほど述べたインプットが一番大事になってくると思います。

 

いわゆる勉強は知識を詰め込んでも、覚えていなければ意味がないからです。

 

ではその覚えている⇒記憶についてですが、それには睡眠が非常に大事になると言えるでしょう。

 

なぜなら夜たくさんの勉強をしたとしても、それを頭の中で整理して覚えておかないといけません。

 

その頭の整理の時間が「睡眠の最中」だからです。

 

ある調査によると、睡眠時間が少ない子供は学力が低下するという事例があるのは

 

この頭を整理する時間が少なかった可能性があります。

 

 

そのため、いくら起きている間に必死になって勉強をしてその日覚えていても眠りが疎かに

 

なっているとその日覚えていたことが全て台無しになってしまうのです。

 

いわば、努力が水の泡になってしまうケースも考えられるでしょう。

 

 

 

よく高学歴の東京大学、京都大学のタレントの人や学生でのインタビューを聞くとわかると

 

思いますが、この人たちは睡眠を毎日6時間以上摂っている人が非常に多いです。

 

それは、頭の良い学生さんはその事をおそらく体感的に知って解っているか、

 

もしくは勉強をしていく過程で脳のしくみについてそれを知ったのかは

 

わからない部分ではありますが、総合して睡眠を充分取っている人が多いと言えるでしょう。

 

そして、さらに睡眠が大事だと知っているためしっかり脳を

 

休める睡眠方法を工夫している人が多いです。

 

 

ですので、受験勉強の時間と睡眠時間は同じくらい大事なものだという

 

認識を持つことが大事です。

 

合格のために効率の良い、勉強方法を確立しましょう。

 

 

 

⇒⇒良質な睡眠を摂るための安眠グッズ一覧