居眠り運転 事故 防止

居眠り運転の事故防ぐ。ちょっと防止策編

眠気が凄くて居眠り運転で事故りそうという人にちょっとした豆知識。

 

光による対策

 

光を目にちらつかせることにより、眠気は抑えられるということで夜暗い通りを運転する長距離ドライバーの人は急いで眠る暇もないときは有効利用するとのことです。

 

利用の仕方は”LEDライト”を活用するらしく、スマホを使用しての光を自分に当てて目覚ましにするという例もありました。一般的には500ルクス以上の光を浴びることによって脳の眠気が醒めるとも言われています。

 

堅いもの噛む

 

せんべいやガム、お菓子なども噛む動作をしていることによって脳が刺激され眠気覚ましになるとのこと。

 

 

甘いものを食べる

 

甘いものは疲れを取るときに有効ということはよく耳にすると思います。しかし少し勘違いがあり、ただ甘い物ではなくブドウ糖が脳の栄養になります。

 

ですので甘いものがよいと言ってチョコレートを食べまくっても、疲れ改善より虫歯になる可能性のほうが強いの気をつけましょう。

 

少しの仮眠

 

当たり前といえます。ただここでの注意点は時間で”30分以上寝る場合は完全に脳がおやすみモードに入るため”5分〜15分を目安にしましょう。

 

カフェイン

 

ブラックコーヒーなどカフェインが含まれているものを飲む。効果は15分〜20分後になるので、眠くなりそうな手前で飲みましょう。

 

濡れタオル

 

首に巻いているタオルを濡らしての眠気対策。眠くなったら目をゴシゴシ。かなり実用的です。

 

 

カンタンに言うと一般的には上記のような対策が効果が高いと人気があります。
ですが、一番は効率的な睡眠の取り方。
眠りの質を上げるというのが、ポイントであるといえます。
ですので、基本はこまめな休憩と居眠り対策を心かけましょう。

 

 

必見!!長距離運転に適した寝具。睡眠の質がおどろく上がるマクラ!