安眠グッズ!ランキング。プレゼントにもご自身にも。

赤ちゃんを熟睡させる方法を間違えていない?|夜驚症夜泣きについて

 

赤ちゃんの夜泣きについて

 

育児中の母親にとって、赤ちゃんの夜泣きは一番の悩み。

 

生まれたばかりの赤ちゃんはそのほかにも、おむつを交換したり、

 

ミルクをあげたり、あやしたりととても大変な日々を過ごすことになっていると思います。

 

それにより母親は慢性的な睡眠不足になるというのがほとんどだと思います。

 

そして、月齢が進むと夜泣きに追われ、あやしたりして泣き止ませることが増えてくることでしょう。

 

しかし、この際気をつけてほしいことが、すぐに抱き上げることです。

 

基本的には、そのまま少し様子を見たほうが良いです。

 

こういった現象はすぐに抱きかかえても特に意味はありません。

 

それよりも、頭や身体を寝ながらさすって温もりをあげたほうが効果的です。

 

基本的には一定時間しないと泣き止まないので、仕方ありません。

 

あと、強いて言えば好きな音楽を眠っている際に聴かせてあげるのも効果的です。

 

例として載せておきます。

 

 

これは、「ディズニーの音楽+雨音」。

 

どちらも安らぐメロディーですので、お試し頂くのもよいかもしれません。

 

眠りにつく際、一定時間アイポッドなので、曲をリピートして流したりして睡眠リズムを作ったりするのも良いでしょう。

 

 

 

ちなみに夜驚症もその点ではいきなり、立たせたりすると、後に夢中遊行の原因になります。

 

あとその際に叱ることも良くないです。

 

そうすると後の睡眠で、齢を重ねた際に眠りにくくなる恐れがあります。

 

睡眠リズムを狂わせないように、できるだけ自然なままで、赤ちゃんや子供には

 

リラックスさせて、見守っていたほうが、良いです。

 

 

ですので、総称すると泣いたりした場合はできるだけほうっておくことをお勧めします。

 

 

強いてポイントとしては、泣く前の段階で眠りにつく前に、入眠儀式として「お気に入りのぬいぐるみ」などを

 

抱きかかえさせ、安心させグッスリ眠らせることも良いと言えます。⇒参考:安眠グッズのプレゼント

 

 

後は睡眠によって、子供が夢を見た場合に関心を持ってやることです。

 

そういった場合、親が関心を持ってくれると子供は自然に眠りに対する恐怖が安心感に変わり、

 

夜中急に泣き出すといったパターンも徐々に薄れていきます。

 

 

 

安眠グッズランキングへ