安眠グッズ!ランキング。プレゼントにもご自身にも。

眠りの浅い場合によく眠れる安眠グッズ。

眠りが浅くて眠れない…そんな困ってる人必見!

 

睡眠時間はちゃんと取っているつもりなのに、どうも身体が疲れて毎日がだるい。
朝起きるまでに、数回起きてしっかり眠れていない。
眠るまでに時間がかかって、数時間後に眠りにつく。
そんな人は、まず部屋を改善、工夫しましょう。

 

 

寝室


自分の寝る場所に対して、なにか工夫していることは
ありますか?ある人もない人も今一度気をつけて
見直してみましょう!

 

 

神経質な人はこれがけっこう過敏になりやすく、影響しやすいと思います。
少しの物音が気になり、ふとしたことで起きてしまうこともあるでしょう。
窓など空気が通りやすい箇所にはカーテン、網戸、布団、雨戸など
音が通りにくいように、調整しましょう。

 

寝室の明るさ…これにも注意が必要です。一見真っ暗のほうが良いかと
思いますが、20〜40ルクスくらいの明るさのほうが、落ち着くと
言われています。
豆電球やコンセントの光などで調節して適度な光を置いておくのも
良いでしょう。

 

温度・湿度

夏は25度。
冬は15度。
これぐらいの温度で部屋の暖かさの目安で調節しましょう。
湿度は一般的には40〜60%くらいが理想です。

 

空間

自分なりのオリジナルの空間を意識して、寝室をつくりましょう。
例えば、大きいクマのぬいぐるみ、水槽、アロマ、砂時計、
ポスターなどできるだけ、自分がなんとなくあると落ち着くんじゃないかな?
と思うものを配置し、ゆったりした空間作りをすることをおススメします。

 

上記のような4点を見直し、チャレンジしてみてください。
睡眠は眠りが浅い状態が続くと、いろいろ日々の生活に支障が出ます。

 

安眠して日々を過ごせれば、様々なトラブルやチャンスの時に的確な
判断ができ、それが良い流れを生み出し正のスパイラルを
生んでいくでしょう。

 

しかし、睡眠が取れない状態が続くと一番嫌なことが、
「ムダな時間を過ごしてしまう」ということだと思います。

 

要するに「時間」が失われる。
これが一番もったいないことだと思います。

 

人生は一度しかないので、早く良質な睡眠を心がけ
安眠できる日々を送ってください。

 

 

 

安眠したい人に必見!驚くほど疲れが取れる安眠グッズ一覧。